安田記念当たったが・・・。




 まずは、「今日の買い目」の結果から。


 その1)東京8レース。⑤番ブルーアガヴェ(3番人気)→→→11着。

 その2)阪神10レース。⑬番テイエムチューハイ(3番人気)→→→3着。複勝200円の払い戻し。

 その3)東京10レース。⑦馬券グロワールシチー(4番人気)→→→8着(畑仕事をしていて、タイムアウト。レースは見ていたが、買わず儲け。)

 安田記念は、⑭番アーモンドアイから相手②番⑦番⑧番⑩番⑮番、⑮番ダノンプレミアムから相手②番⑦番⑧番⑭番への三連馬券を買おうかと思っている。→→→結局、この目は買っていない。

 
 さて、今日は、1日外仕事をしようと決めていたので、昼食を食べに蕎麦屋へ出かけた他は家にいた。

 安田記念は、アーモンドアイはドバイ帰り初戦はどうなのか?と疑いだしてしまった。もしかしたら、ダノンプレミアムも距離適性で上回る馬がいるのではないか?そう考えだしてしまった。
 こうなると、妄想馬券になってしまうのだが・・・。

 このレース、前述の2頭以外に気になる馬が多数。
 内から、②番アエロリット。逃げるのはこの馬。⑤番インディチャンプ。前走折り合いを欠きながら、0.2秒差の4着。前目でレースができて32秒台の上りが使える。⑦番モズアスコット。昨年の覇者。⑧番ステルヴィオ。距離適性あり。⑩番フィアーノロマーノ。上り馬で一番魅力あり。

 結局、⑤番の単複少額と②番⑤番⑧番⑩番のワイドBOXを購入。さらに、ダノンを頭に固定し②番を2着、3着に固定し相手⑤番⑦番⑧番⑩番に指定した3連単まで購入。
 もう、散弾銃馬券購入なのでありました。

 結果、⑤番インディチャンプが優勝。2着に②番アエロリット。3着にアーモンドアイ。
 何となくイメージはあっているのだが、イマイチの馬券の買い方にすっきりしないのでありました。

 
画像


 東京最終もワイドが当たって、138%の回収率だったのでヨシとしよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック